CS・ES について

「しきい値」を意識すると症状が出にくくなります。

こんにちは。
化学物質過敏症 & 電磁波過敏症 の主婦「フーコ」です。 (*^^*)
親子揃って、CSです 。トホホ・・


化学物質過敏症のかかりつけ医によく言われる言葉、「しきい値(いきち 閾値 ともいいます)」。

「しきい値」とは、「境目となる値」のことです。

ある値以上で効果が現れ、それ以下では効果が現れないこと・・・つまり、アレルギーや化学物質過敏症における「しきい値」とは「症状が出る・出ない」の境目・・・ということになります。

重篤な食物アレルギーの場合は、そのものを食べなくても同じ工場で作った・・というだけでも深刻な事態を引き起こすことがありますが、

軽度のアレルギーだと少量なら症状が出ないけど、ある一定の量以上を食べると症状が出る・・・ということがありますね。

この「ある一定の量」というのが、その人にとっての「しきい値」ということになります。

つまり、ボーダーラインですね。

患者である私たちの願いはやはり「症状が出ない」もしくは「出にくい」ということでしょう。

ちょっとくらいでは反応しない体になること。

ではどうしたらそういう状態にできるのでしょうか?

例えば、睡眠不足だったりとても疲れが溜まっている時、いつもよりアレルギーや化学物質過敏症・電磁波過敏症の反応が強いように感じませんか?

ここで仮に、Aさんという人がいたとします。

Aさんの症状が出る「ボーダーライン」の数値が「10」だったとします。

睡眠不足になってしまった時点で、カウントは「0」から「3」になってしまいました。

そうすると あと「7」のダメージを受けたら症状が出る状態と言えます。

更に 疲れも溜まっていて風邪っぽい・・・となると、先ほどの「3」は「6」になり、この状態だと残り「4」だけで症状がでてしまいます。

つまり、コンディションが悪ければ悪いほど、反応しやすい状態になってしまうということですね。

では、「アレルギー要因」や「化学物質過敏症に悪影響のある化学物質」「電磁波」などはどうでしょうか?

これもやはり考え方は同じです。

犬アレルギーで、玉子アレルギーで、化学物質過敏症の子どもBちゃんがいたとします。

ある日、Bちゃんは 親の言いつけを破って犬に触ってしまいました。

うっかりしていて玉子入りのお菓子も食べてしまいました。

この時、犬による影響と、玉子による影響の両方を受け、ボーダーラインはすぐそこに迫った状態です。

この状態では、ほんの少し柔軟剤などの臭いを嗅いだだけでも気分が悪くなるなどの症状が出てしまいます。

逆にそういった悪影響を受けなかった状態だと、ある程度の量には耐えられたりします。

つまり、トータルで考えるのです。

切り離して考えるのではなく、自分にとってダメージを与える物の影響加算して考えます

「関係ない」のではなく、「偶然」でもなく、関係していますので・・

だから、全ての悪要因をなるべく低く抑えると効果的です。

精神的ストレスなども、その一つです)

そして、もちろん「大きな要因」ほど避けた方が良いです。

化学物質過敏症の対策をする場合も、一番ダメージが大きい要因から優先的に排除していきます。

「大」からまず始める。

「大」を排除できたら、「中」に取り組む。

「中」を排除できたら、「小」に取り組む。

ということですね。

節約と同じです。

10円安い野菜を買うために、毎日 遠くのスーパーに通うよりも、
まず、毎日食べている2000円ランチを止めた方がずっと効率的ですもんね。

でも人によって価値観も事情も違うので、「大」と分かっていてもやめられない・・・という場合もあります。

特にシックハウスから化学物質過敏症を発症された方などは問題が深刻ですよね。

今の家から「逃げた方がいい」のが分かっていても、毎月の住宅ローンに追われて引越費用を捻出できない・・・など、本当に大変だと思います。 (/_;)

そんな場合は、とにかく「できることからやる」しかないですね。

なにもしなければ何も変わらない、というか更に悪化するだけなのでできることを増やして、悪影響要因を減らしていくことになります。

また、今は反応していない物に対しても少量であっても長期的に接触したり、一度に大量に接触することで反応するようになってしまう可能性は多いにあります(アレルギー体質・化学物質過敏症の人は特に注意が必要です)。

だから、「今は反応しないから大丈夫」「これは比較的、反応が弱い」と思う物であっても、日ごろからなるべく避けるようにした方が無難です。

しきい値」を考える上では、どんな悪要因も体内に蓄積させないのが理想的なので。

とはいえ・・・

あまりにクリーンすぎる生活を長く続けると体がその状況しか受け付けない体質に変わってしまい、そうでなくなった場合にダメージを受けやすくなる・・・という話も聞きます。

つまり、「何事も過ぎたるは及ばざるがごとし」ということなのでしょうか。

難しいですよね。

じゃあ、どうすればいいの??って感じですけど・・・

とりあえず今の日本では、化学物質と電磁波を完全除去した暮らし・・・というのはどのみち難しいでしょうから、やはり「できることをできるだけやる」というスタンスが一番良いのではないかと個人的には考えています。(^^;)

現にかかりつけ医のその教えを胸に地道な努力をし続けてきた結果、この5年で本当にすごく回復したので「ひとつひとつの積み重ねが今日の私につながってるんだな」と実感しています。

症状がキツイ時は希望が見えなくて途方に暮れていましたので、今、その状態にいらっしゃる患者さんのお気持ちにとても共感します。

でも工夫したら工夫しただけ、ゆっくりだけど変化は出てくる・・・そう思いながら、一緒にすこーしづつ、すこーしづつ回復していけたらなぁ・・・と思います。 (*^^*)

急いだり、焦ったりしたら 逆に落ち込んだり 凹んだりしやすいから、あくまで「ゆっくり、ゆっくり」「少しづつ、少しづつ」とあえて自分に言い聞かせ続けながらゆる~く生きてます(笑)



CS・ES について

「化学物質過敏症」と「食物アレルギー」の関係

こんにちは。
化学物質過敏症 &、電磁波過敏症 の 主婦「フーコ」です。 (*^^*)
親子でCSです。トホホ・・


CSかかりつけ医いわく、「化学物質過敏症」の患者には必ず「食物アレルギー」があるそうです。

本人が自覚していない場合でも、必ず”ある”とのこと。

そしてこの2つは自転車の両輪のように、常に影響を与え合っているそうです。

片方が悪化すると、もう片方も悪化する。

逆に片方を治療して良くしてやると、もう片方も良くなってくる・・・と。

・・・とうことは、当然、「食物アレルギー」対策をすることは、「化学物質過敏症」の治療になる!!!ということになりますね。

 

食物アレルギー対策の一つに「回転食」があります。

「回転食」とは、1種類の物を食べ続けないこと。

目安は72時間以内に同じ物を食べないこと。

週に2回くらいまで・・・ということになりますね。

たとえば、今日 「豚肉」を食べたら、明日は「サバ」、明後日は「牛肉」で、その次は「イカとエビ」、その次は「鶏肉」・・・・みたいな。

ちなみに魚類は、種類を変えれば毎日食べてもいいそうです。

それ以外だと、貝類とかもいいですね。

 

我が家では基本的に食材は1~2週間サイクルにしています。

1週間以内は同じ物を食べません(外食やお付き合いはしょうがないので容認・・・結構、テキトーです (^^;) )。

そのためには「コープ自然派」の野菜だけでは回転しきれなくて、「オルター」の食材配達もお願いしています。
 

まずはカタログを見て、先週注文した野菜に「×」、先々週注文したものに「△」を書き込みます。

そして何も印の付いていない野菜から優先的に注文するようにします。

それだけで足りない場合は、「△」の野菜も注文します。

注文する候補を紙にメモします。

 

そして、いっきに1週間分の献立を考え、紙にメモします。
(冷蔵庫に貼って、常時 確認するので スマホなどに入力するより紙の方が便利です。)

うまく献立がたてられて納得したら、インターネットで注文します。

翌週、またカタログが届いたら、また注文内容をメモした紙を見ながらカタログに「×」と「△」を書き込みます。

この繰り返しです。

 

ちなみに最近、一番実感するのは「コーヒー」です。

先生いわく、「コーヒーアレルギー」の人は非常に多いそうです。

たぶん私もそうなんだろうと思います。

その場では何の症状も出ないんですけど、コーヒーを飲む習慣を控えると 不思議とそれ以外の食物アレルギーが緩和されます。

今まで反応していた物にも反応しなくなってたりして驚きます。

化学物質過敏症の症状も和らぐようです。

試しにまた再開すると元に戻ります。

コーヒー好きだけど、なるべく飲まないようにしよぉ~~~
(*_*)

 

私も息子も鬼のようにたくさんの食物アレルギーがあるので、献立立てるのはなかなか大変です。

食べられないものだらけなのに、回転させなければいけないから・・・ (汗)

まぁ、CS歴ももう5年になるのでだいぶ慣れましたが・・・(^^;)



CS・ES について

はじめまして。CS親子です。

このホームページに来て下さり、ありがとうございます!

はじめまして。私は「フーコ」と申します。

CS (化学物質過敏症) & ES (電磁波過敏症)の主婦です。

後から考えてみたらどうも30年くらい前の学生時代からCSになっていたようなのですが、2012年にいきなり症状が悪化し、MCSに移行してしまいました。

ほぼ同時に小学生の息子も発症しました。

当時、息子のアトピーで定期受信していた かかりつけ児科医から「今年はPM2.5がすごいよ。本当に気を付けて。換気もあんまりしない方がいい。」と言われ、その日から換気を控えるようになりました。

始めは「なんとなく」からスタートしたのですが、続けるうちにだんだんとエスカレートしてきて、料理する時ですら換気扇も回さなくなってしまいました。

私たち親子の体は室内のVOCに徐々にむしばまれていっていました。

そしてほぼ同時期に夫の収入が激減したため、「とにかく安い食材」を求めて遠くのスーパーにまで買い物に行くようになり、以前なら買わなかったような「体に悪そう~な、安~い食品」に手を出すように・・・

そんな生活が3ヶ月ほど続いた頃から、息子のアトピーが極度にひどくなり夜も一睡もできないほどのレベルに・・・

私自身も喘息の発作が出てきて、なかなか夜も眠れない状態になってきました。

当時は「化学物質過敏症」という病名すら知らなかったため、PM2.5のせいだとばかり思い、ますます自宅に引きこもるようになり、当然、室内VOCにより更に症状が悪化。

更に、今考えたらゾッとするような失敗もいくつもやらかしてましたのでその影響も重なったのでしょう。(室内アロマ、エアコンクリーニングなど)

薬を飲んでも一向に良くならず、呼吸困難は日に日に悪化しました。

息子も寝ずに学校に行く日もしばしばで、あの頃は本当に辛かったです。

夫の理解も得られず、CSの影響でウツもひどかったので、今だから言えますが自殺願望もひどかったです。

「息できない。苦しい。どうしたらいいの?。対策したいけどお金も無い。夫の理解もない。死にたい・・・。」みたいな。

テレビで人が事故で亡くなったというニュースを聞くと、「母親が自殺したら息子がかわいそう過ぎるから、せめて事故で死にたい。私があの人に代わって死ねたらいいのに・・・。」なんてボンヤリ考えたりする異常事態に陥ってました。(@_@)

あまりの苦しさに息子と一緒に一晩中、泣き続けていました。

でも「子供を残しては死ねない!」との一心で 死に物狂いで乗り越えました。

今ある命は息子のおかげです。本当にありがとう・・・ (T_T)

その後、インターネットで必死で情報検索を続け、ようやくこの病気の正体が分かりました!

そこからがようやく、治療への第一歩でした。

専門医の治療を受け始め、あらゆる知識を吸収しながら実践していきました。

あれから5年・・・

本当にずいぶんと回復しました

本当に少しづつ、少しづつ・・・

3歩進んでは、2歩下がり、それを繰り返して そのたびに凹んだりしながら ちょっとづつ前に進んでいきました。

呼吸障害はほぼ起きなくなったし、症状もずいぶん軽くなりました。

息子もずいぶんと良くなり、一番ひどかった頃のような我慢ばかりの生活を強いなくてもよくなってきました。

できることや、思いついたことは何からなにまで片っ端から試しましたから(ただし、金銭的にできないことも多いですけど、あくまでできる範囲で・・・)、いろんな相乗効果回復できてきたのだと思います。

病気に関する知識や、あらゆるジャンルの製品の選び方、自分や子供の体質に合ってるかどうかの判断など、年月とともに情報量もどんどん増えてきました。

ただ油断は禁物!

今もありとあらゆるシーンで、とても気を付けながら生活しています。

健常者と同じことはとてもできません。

食品や衣類、生活用品などにもたえず気を配っています。

でも、ほんのちょっとづつでも「回復している」ように感じられたり、「今日は楽だったな」と思えたら、勇気が湧いてきて頑張れます。

いつも自分に向かって、「だいじょうぶ」「だいじょうぶ」「きっとだいじょうぶ」と優しくなだめて落ち着かせています。魔法の呪文のように繰り返し。 (^-^;

この病気は個人差が非常に大きいので、私や息子に効果があった物が他の方に合うかどうかは分かりません

ですので、「おススメ」というのではなく、「私たちの場合はこうでした」というご紹介のブログとして参考にして頂けましたら幸いです。

もしこのブログをみて新たな製品や方法をお試しになる場合は、くれぐれも無理をなさらず、注意をしながら自己責任で行って下さいね

もしお役に立つことができたら、本当に嬉しいです!

みんなで一緒に、今より少しずつでも着実に回復していきたいですね。  (*^^*)

>>> 化学物質過敏症 患者の臭い対策「キーメイトマスク・活性炭マスク」を探す