CS・ES について

「化学物質過敏症」と「食物アレルギー」の関係

こんにちは。
化学物質過敏症 &、電磁波過敏症 の 主婦「フーコ」です。 (*^^*)
親子でCSです。トホホ・・


CSかかりつけ医いわく、「化学物質過敏症」の患者には必ず「食物アレルギー」があるそうです。

本人が自覚していない場合でも、必ず”ある”とのこと。

そしてこの2つは自転車の両輪のように、常に影響を与え合っているそうです。

片方が悪化すると、もう片方も悪化する。

逆に片方を治療して良くしてやると、もう片方も良くなってくる・・・と。

・・・とうことは、当然、「食物アレルギー」対策をすることは、「化学物質過敏症」の治療になる!!!ということになりますね。

 

食物アレルギー対策の一つに「回転食」があります。

「回転食」とは、1種類の物を食べ続けないこと。

目安は72時間以内に同じ物を食べないこと。

週に2回くらいまで・・・ということになりますね。

たとえば、今日 「豚肉」を食べたら、明日は「サバ」、明後日は「牛肉」で、その次は「イカとエビ」、その次は「鶏肉」・・・・みたいな。

ちなみに魚類は、種類を変えれば毎日食べてもいいそうです。

それ以外だと、貝類とかもいいですね。

 

我が家では基本的に食材は1~2週間サイクルにしています。

1週間以内は同じ物を食べません(外食やお付き合いはしょうがないので容認・・・結構、テキトーです (^^;) )。

そのためには「コープ自然派」の野菜だけでは回転しきれなくて、「オルター」の食材配達もお願いしています。
 

まずはカタログを見て、先週注文した野菜に「×」、先々週注文したものに「△」を書き込みます。

そして何も印の付いていない野菜から優先的に注文するようにします。

それだけで足りない場合は、「△」の野菜も注文します。

注文する候補を紙にメモします。

 

そして、いっきに1週間分の献立を考え、紙にメモします。
(冷蔵庫に貼って、常時 確認するので スマホなどに入力するより紙の方が便利です。)

うまく献立がたてられて納得したら、インターネットで注文します。

翌週、またカタログが届いたら、また注文内容をメモした紙を見ながらカタログに「×」と「△」を書き込みます。

この繰り返しです。

 

ちなみに最近、一番実感するのは「コーヒー」です。

先生いわく、「コーヒーアレルギー」の人は非常に多いそうです。

たぶん私もそうなんだろうと思います。

その場では何の症状も出ないんですけど、コーヒーを飲む習慣を控えると 不思議とそれ以外の食物アレルギーが緩和されます。

今まで反応していた物にも反応しなくなってたりして驚きます。

化学物質過敏症の症状も和らぐようです。

試しにまた再開すると元に戻ります。

コーヒー好きだけど、なるべく飲まないようにしよぉ~~~
(*_*)

 

私も息子も鬼のようにたくさんの食物アレルギーがあるので、献立立てるのはなかなか大変です。

食べられないものだらけなのに、回転させなければいけないから・・・ (汗)

まぁ、CS歴ももう5年になるのでだいぶ慣れましたが・・・(^^;)