食料品

化学物質過敏症にも、電磁波過敏症にもおススメ「ぬちまーす」

こんにちは。
化学物質過敏症 &、電磁波過敏症 の 主婦「フーコ」です。 (*^^*)
親子でCSになっちゃいました。トホホ・・


化学物質過敏症(CS)にも、電磁波過敏症(ES)にも効果を発揮する「ぬちまーす」をご紹介します。

私と小学生の息子はCSをほぼ同時に発症しました。

始めは「化学物質過敏症」という病名すら知りませんでしたので、とんちんかんな対処ばかりしてしまい症状(私は主に喘息。息子は主にアトピー・皮膚疾患。)はますます重くなるばかりでした。

薬を飲んでも一向に症状は回復せず、重くなるばかり・・・

「もうこのまま死ぬんだろうな」って本気で思ってました。

でも「そうかぁ。死ぬのかぁ。」って思ったら、「いやいや、幼い息子を置いて死ねないし!!」と奮起し、力を振り絞ってパソコンで検索をし続け、病気の正体を懸命に探りました。

何日も何日もパソコンの前に座り続けて・・・・

ようやく見つけました。
この病気の本当の病名を!
化学物質過敏症」という病名を。

余りにも症状が当てはまりすぎるので、読んですぐに「これに間違いない」と思いました。

専門医を調べて、すぐに受信しました。

そしてその第一回目の受信時に、病院の先生からこの天然塩「ぬちまーす」を頂きました。

05a443011e8af6f86800f279c21a33bc_s

>>> 「ぬちまーす」を探す(レビューが多い順)

先生:「とにかく、安全な水に溶かして塩水にしてジャンジャン飲んで。」

私:「えっ!ジャンジャン飲んでいいんですか? 血圧とか大丈夫ですか?」

先生:「この塩は大丈夫。高血圧はむしろ下がる”美味しい”と感じたら体がその成分を欲している証拠やから、”美味しい”と思ううちはたくさん飲んで大丈夫。必要なくなってきたらだんだんそんなに美味しいと感じなくなって量がセーブできてくるから。」

先生:「化学物質過敏症の患者さんは圧倒的に解毒に必要とする”ミネラル”が足りてない。だから解毒ができなくなって症状が出る。逆に言えば、良質な”ミネラル”を補うことが症状の緩和、治療になる。」

・・・とのこと。

帰宅してさっそく飲みました、息子と一緒に。

すると・・・

2人、同時に「美味しい~~!!!!」と目を輝かせて言いました。 ヾ(≧∇≦)/

本当に美味しいんです、この塩水

ってことは、二人ともやっぱり”ミネラル”が足りてないってことなんですね(笑)

分かりやすい~~

ちなみに夫にも飲ませましたが、夫は「うぇっ。塩水って感じ。別にうまくない。」と言っていました。
やっぱり化学物質過敏症の患者でない人は、そんなに「美味しい!」とは感じないみたいですね。
なんだか不思議~~

その日から我が家では、飲料水はすべて「ぬちまーす水」です。
料理の味付けも、当然「ぬちまーす
水筒の中身も「ぬちまーす水
ご飯を炊くときも「ぬちまーす」をお釜に投入
炊きあがったお米にもふりかけ代わりに「ぬちまーす

ぬちまーす三昧です。

もお、体に良いし、美味しいしで ヾ(≧∇≦)/

>>> 「ぬちまーす」を探す(レビューが多い順)

うっかり、水に「ぬちまーす」を入れていなかったり、ご飯を炊くときに入れ忘れたりしたらすぐに息子から「なにこれ、美味しくない。ぬちまーす入れてないでしょ!?」と突っ込まれます (汗)

そして私にとってはかなり効果テキメンです。
電磁波症状がきつい時に飲むと一番、効果を実感します。

外出先にも小さいボトルに入れて持ち歩き、水に溶かして飲みます。
そうすれば帰宅するまでなんとか体力を維持できるので重宝しています。

ただし、もしかしたら「ぬちまーす」が合わない体質の方もいらっしゃるかもしれません。
試される場合はよく様子を見ながらごく少量からになさって下さいね。 (*^_^*)

なお、何年もずっと大量に飲み続けているとアレルギー反応を起こしてしまうことがあるそうです。
その場合は一時的に、「雪塩」などに変えたり、偏らないよう交互に使うという方法もあるそうです。

>>> 「ぬちまーす」を探す(レビューが多い順)

>>>  「雪塩」を探す(レビューが多い順)


【お願い】
上記はあくまで個人的な感想です。
「化学物質過敏症」は非常に個人差が大きい病気です。
体質により合う合わないがあり、合わない商品を無理して使うと症状を悪化させてしまいかねません。

ご自身で試される場合は経過に注意して無理せず少しずつ、自己責任でお願いしますね。