自己紹介・このサイトについて

ホームページにお越し下さって、ありがとうございます!

はじめまして。

CS (化学物質過敏症) & ES (電磁波過敏症)の主婦です。

 

後から考えてみたらどうも30年くらい前の学生時代からCSになっていたようなのですが、2012年にいきなり症状が悪化し、MCSに移行してしまいました。

ほぼ同時に小学生の息子も発症しました。

当時、息子のアトピーで定期受信していた かかりつけ児科医から「今年はPM2.5がすごいよ。本当に気を付けて。換気もあんまりしない方がいい。」と言われ、その日から換気を控えるようになりました。

始めは「なんとなく」からスタートしたのですが、続けるうちにだんだんとエスカレートしてきて、料理する時ですら換気扇も回さなくなってしまいました。

私たち親子の体は室内のVOCに徐々にむしばまれていっていました。

そしてほぼ同時期に収入が激減したため、「とにかく安い食材」を求めて遠くのスーパーにまで買い物に行くようになり、以前なら買わなかったような「体に悪そう~な、安~い食品」に手を出すように・・・

 

そんな生活が3ヶ月ほど続いた頃から、息子のアトピーが極度にひどくなり夜も一睡もできないほどのレベルに・・・

私自身も喘息の発作が出てきて、なかなか夜も眠れない状態になってきました。

 

当時は「化学物質過敏症」という病名すら知らなかったため、PM2.5のせいだとばかり思い、ますます自宅に引きこもるようになり、当然、室内VOCにより更に症状が悪化。

更に、今考えたらゾッとするような失敗もいくつもやらかしてましたのでその影響も重なったのでしょう。(室内アロマ、エアコンクリーニングなど)

薬を飲んでも一向に良くならず、呼吸困難は日に日に悪化しました。

息子も寝ずに学校に行く日もしばしばで、あの頃は本当に辛かったです。

 

夫の理解も得られず、CSの影響でウツもひどかったので、今だから言えますが自殺願望もひどかったです。

「息できない。苦しい。どうしたらいいの?。対策したいけどお金も無い。夫の理解もない。死にたい・・・。」みたいな。

テレビで人が事故で亡くなったというニュースを聞くと、「母親が自殺したら息子がかわいそう過ぎるから、せめて事故で死にたい。私があの人に代わって死ねたらいいのに・・・。」なんてボンヤリ考えたりする異常事態に陥ってました。(@_@)

あまりの苦しさに息子と一緒に一晩中、泣き続けていました。

でも「子供を残しては死ねない!」との一心で 死に物狂いで乗り越えました。

今ある命は息子のおかげです。本当にありがとう・・・ (T_T)

 

その後、インターネットで必死で情報検索を続け、ようやくこの病気の正体が分かりました!

そこからがようやく、治療への第一歩でした。

専門医の治療を受け始め、あらゆる知識を吸収しながら実践していきました。

 

あれから5年・・・

本当にずいぶんと回復しました

本当に少しづつ、少しづつ・・・

3歩進んでは、2歩下がり、それを繰り返して そのたびに凹んだりしながら ちょっとづつ前に進んでいきました。

 

呼吸障害はほぼ起きなくなったし、症状もずいぶん軽くなりました。

息子もずいぶんと良くなり、一番ひどかった頃のような我慢ばかりの生活を強いなくてもよくなってきました。

できることや、思いついたことは何からなにまで片っ端から試しましたから(ただし、金銭的にできないことも多いですけど、あくまでできる範囲で・・・)、いろんな相乗効果回復できてきたのだと思います。

病気に関する知識や、あらゆるジャンルの製品の選び方、自分や子供の体質に合ってるかどうかの判断など、年月とともに情報量もどんどん増えてきました。

 

ただ油断は禁物!

今もありとあらゆるシーンで、とても気を付けながら生活しています。

健常者と同じことはとてもできません。

食品や衣類、生活用品などにもたえず気を配っています。

でも、ほんのちょっとづつでも「回復している」ように感じられたり、「今日は楽だったな」と思えたら、勇気が湧いてきて頑張れます。

いつも自分に向かって、「だいじょうぶ」「だいじょうぶ」「きっとだいじょうぶ」と優しくなだめて落ち着かせています。魔法の呪文のように繰り返し。 (^-^;

 

この病気は個人差が非常に大きいので、私や息子に効果があった物が他の方に合うかどうかは分かりません

ですので、「おススメ」というのではなく、「私たちの場合はこうでした」というご紹介のブログとして参考にして頂けましたら幸いです。

もしこのブログをみて新たな製品や方法をお試しになる場合は、くれぐれも無理をなさらず、注意をしながら自己責任で行って下さいね

もしお役に立つことができたら、本当に嬉しいです!

みんなで一緒に、今より少しずつでも着実に回復していきたいですね。  (*^^*)

 

character_turtle_oyako